すべてのWindowsの問題やその他のプログラムを解く

Microsoft System Center 2010:EssentialsとData ProtectionManagerを実際に使用する

マイクロソフトは先月、System Center2010ウェーブの最初の2つの製品をリリースしました。管理スイートのSystemCenter Essentials 2010と、バックアップとリカバリに重点を置いたData Protection Manager2010です。これらの製品をプレリリース後期の形式で評価してきました。私の印象と私がここで発見したことを共有します。

System Center Essentials 2010

System Center Essentials 2010は、中堅企業向けに設計された統合システム管理スイートの最新リビジョンです。マイクロソフトはすでに企業向けに完全なSystemCenterスイートを提供していますが、最近では、25人未満の小さなショップと5,000人以上のユーザーを抱えるグローバル企業向けの製品提供の間にしばしば存在するギャップを埋めることに焦点を当てています。



マイクロソフトは、中規模ビジネスがどのように見えるかについてかなり広い定義を持っています。そのようなビジネスには、25〜400台のPCと5〜50台のサーバーがあり、システム管理ソフトウェアがまだなく、内部サポートに5人未満のITジェネラリストがいると思われます。操作し、主にマイクロソフトのソフトウェアを使用しています。 (明らかに、これはMicrosoftの見解ではモデル画像です。)明らかに、このビジョンはそのスペースの小さい方の端で少し可能性が高く、中規模の市場の上端でより不均一である可能性があります。



いずれにせよ、Essentials 2010は、スペシャリストによって管理されていない環境を、それと同じくらい効率的で健全なものにするのに役立つように設計されています。 Essentials 2010は、次の3つの主要な目標を達成しようとしています。

  • ネットワークの全体的な環境を監視し、クライアントPCからサーバー、ソフトウェアに至るまで、発生する問題について管理者に事前に警告し、場合によっては自動的に修正します。
  • CDやDVDをオフィスの周りにスニーカーネットするのではなく、効率的で合理化された方法でソフトウェアとパッチを展開します。
  • 仮想化の戦略と手法を、従来はその複雑さに対応できていなかった市場に統合します。

インターフェース

Essentials 2010のインターフェイスは、Outlookユーザーにとって快適です。チームは、より流動的で、より少ないクリックでより多くの機能を公開するようにインターフェースを再設計しました。管理コンソールはナビゲートが簡単です。右側のペインに表示される包括的なタスクリストのおかげで、機能を探すのに多くの時間を費やすことはありませんでした。



アップデートとソフトウェアの展開

Essentials 2010は、Windows Server Update ServicesをEssentialsの管理コンソール、監視機能、および展開機能とより完全に統合します。

WSUSは、基本的に、パッチ適用プロセスを可能な限り自動化しようとします。 EssentialsとWSUSの間で、ツールは環境で必要な更新プログラムを検出し、更新プログラムの展開の自動承認期限を設定できます。これらは、管理者の明示的な承認がなくても、特定の更新が自動的に展開される日付です。

もう1つの機能は、マシンのクラス(ワークステーションまたはサーバー)に応じてこれらの更新インストールを実行する機能です。これらの環境では、パッチ適用は手動プロセスである可能性が高いため、Essentialsは、単純な作業をタスクから取り除き、システムの状態を改善しようとします。結局、それはかなりうまく機能します。



Essentialsはまた、オフィスでソフトウェアディスクを実行するよりも、ソフトウェアを展開するプロセスをはるかに合理化しようとしています。これは、グループポリシーベースのソフトウェア展開に魅力的で使いやすいインターフェイスを配置し、スイートの兄であるSystem Center Configuration Managerにあるインテリジェンスを追加するため、たとえば、Officeを150のクライアントにプッシュすることはありません。数週間かかります。